「換気」と「加湿」による感染症対策

換気
「CO2濃度」を見える化!CO2濃度測定器を配備
店内の換気を見える化する為にCO2濃度測定器を配備ました。
新型コロナウイルス感染症厚生労働省対策本部が提示するCO2濃度1,000ppmより厳しい800ppm以下を基準に、スタッフが1時間おきに数値をチェックして必要に応じて換気してます。

*参考元(厚生労働省)
・CO2濃度基準
https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/seikatsu-eisei10/

~2段構えの換気~
店舗内には吸気口と排気口がそれぞれ2つずつ付いていて24時間空気を入れ替えています。

加湿
店内の湿度を40%以上に保つ為、加湿器3台導入
湿度が低下すると、粘膜の働きが悪くなったり、飛沫の滞空時間が長くなるという研究結果が出ています。湿度を一定以上にすることでこれらのリスクを軽減でき、安心してご滞在いただけます。

*参考元
・湿度と粘膜機能(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/bunya/iyakuhin/file/dl/File01.pdf

 

美容室rela emuの感染症対策

関連記事

  1. DRYになっていませんか?

  2. 大切なお客様へ

  3. [シャワーはすべて炭酸泉]

  4. まつ毛パーマ始めました☆

  5. [自然で軽やかな動きがある縮毛矯正]

  6. 年末のご挨拶☆